金型屋の女房

 

 淀川民主商工会婦人部の望年会に総選挙のお礼のごあいさつにおじゃましたときのことです(12月13日)。シャキシャキした語りで司会をされている女性Tさんがいました。「お忙しいのにありがとうございます」との声と話し方に、以前どこかでお会いしたことがあるような気がしましたが、すぐには思い出せませんでした。

 あいさつが終わり手作りのごちそうを囲んでの懇親の時間となりました。私が「皆さんどんなご商売をされているのですか?」と水を向けると、それぞれの仕事が語られTさんの番に。「主人が守口で金型をやってたんですけど、10年ほど前にやめました」。守口、金型、廃業・・・、Tさんの言葉に私の記憶が呼び覚まされました。まちがいない、あのときのTさんです。

 「僕、Tさんに会ってますよね」。思わず叫ぶようにたずねると、「はい、守口の民商で会いました。志位さんのかばん持ちで山下さんも来ていました」とTさん。やっぱりそうです。たしか93年か、94年だったと思います。私は参議院大阪選挙区の候補者でした。志位書記局長(当時)の国会質問準備のための調査に同行させてもらったのです。松下電器の生産拠点の海外移転にともなう下請けいじめの実態を調べるのが目的でした。

 守口民商の2階で聞いたTさんの話しは強烈でした。Tさんのご主人は若いときに独立創業して以来、松下からの金型の受注を中心に、工場を拡張し従業員を増やしてきました。最高時は十数人もいたそうです。それが90年代に入り、松下からの仕事が急激に減ります。相次ぐ単価引き下げの要請にこたえるために、借金して最新の機械を入れ人を減らして必死に対応しましたがとうとう力尽きました。松下側からは「中国と同じ単価でなければ仕事はない」といわれたそうですが、そんなことは不可能です。

 「これ以上続けるのは無理。廃業しよう」。夫婦二人、泣きながら決断したといいます。「廃業後、主人は工場だった1階に降りていけなくなりました。自分の人生が全部つまった場所ですからつらいのです」。もう10年にもなるのに、そのとき聞いたTさんの言葉はいまも鮮明に覚えています。

 そのTさんが目の前に明るい笑顔でいるのです。聞くと、あれからご主人は個人タクシーの運転手を始めたそうです。大阪市内で営業する方がいいとの判断から、業者婦人運動で知り合った、こんにゃく製造販売業のSさんを頼って淀川区に引っ越してきたそうです。Tさんは早朝のビル清掃のパートにでかけています。そしていまも元気に業者婦人運動の先頭に立っています。大変なご苦労があったことでしょう。それでも、いやそれだからこそ、この明るさと強さがあるのかもしれません。

 「小泉さんの中小業者切りすての政治は許せないの。私もがんばるから、山下さんもがんばって」。
 とってもうれしい再会でした。

武器としての笑い

 

 先月、「他言無用ライブ」と銘打った演劇を観てきました。現役の劇作家や喜劇役者など3人組による辛口の風刺劇です。マスメディアではまったく知らされることもないのに会場はほぼ満席。根強いファンがいるのか、はたまた実行委員会の引きが強いのか(私の参加は後者が理由でした)。

 オープニングから強烈でした。終わったばかりの衆議院選挙が題材。落選した山崎拓自民党前幹事長が闇夜にまぎれて封印された投票箱をあさり、自分の票を増やそうと悪あがきする様子を面白おかしく描いていました。山崎氏と同じ落選した身の私としては、あまり笑えない場面だったのですが、それでも吹き出してしまうのは演技力の成せる業でしょう。案内のチラシには「喜劇役者といっても吉本芸人とはひねくれ方が違う本物」とありましたが、なるほどたいした洞察力と表現力です。あっという間に2時間あまりが過ぎてしまいました。

 3人は音楽のセンスもよく、ギターとドラムをやりながら渋い声でスキャットなどを口ずさみます。なかでもいちばん受けていたのが、『ブッシュの気持ち』と題した替え歌。おなじみ『遠くへ行きたい』の曲に乗せて、しみじみと歌い込みます。

 ♪ 知らない街を 燃やしてみたい
   どこか遠くを 燃やしたい 

   愛する人は  こっちにいるから
   どこか遠くを 燃やしたい

 学生時代に読んだ『武器としての笑い』(飯沢匡著、岩波新書)のなかに、「笑い」というのは、「怒り」とともに、庶民が権力と闘う強力な武器である、とありました。笑いのなかに権力のおろかさを批判するのは、狂言からシェークスピアまで洋の東西を問わず共通したことのようです。

 ところで、最近の報道によると、ブッシュ米大統領は、イラク戦争に反対した国々の企業を復興事業から排除する決定をしたそうです。なんだそういうことだったのか、と思った人も多いのでは。すでにチェイニー副大統領をはじめ、ブッシュ政権中枢メンバーの関連企業が復興事業に群がっています。替え歌の続編が出来そうです。

 ♪ 愛する人の  もうけになるから
   どこか遠くを 燃やしたい

 そのブッシュ大統領にひたすら忠誠を誓う小泉首相。イラクの状況がますます泥沼化するなかで、自衛隊派兵の「基本計画」を閣議決定しました。「自国のことのみに専念して他国を無視してはならない」と、「憲法前文」をつまみ食いして派兵を「正当化」しようとするにいたってはあきれるほかありません。

 憲法前文の精神を具体化したのが、「2度と戦争はしない」「軍隊は持たない」とうたった憲法9条。国民の6、7割は、この9条を大切にすべきと考えています。前文のつまみ食いで9条を破ろうとする恥ずかしい首相を、国民が笑い飛ばす日も近いでしょう。

「イラク派兵反対」に街頭から熱い反応

2003/12/08

 12月5日、7日、総選挙でのご支援のお礼をかねて、イラク問題の街頭宣伝に取り組みました。北山良三(西淀川区)、瀬戸一正(此花区)、石川莞爾(東淀川区)、姫野浄(淀川区)の各大阪市会議員、堀ちさ子東淀川区府政対策委員長、てらど月美淀川区生活相談センター所長らに同行していただきました。

 「イラクへの自衛隊派兵にストップをかけましょう」との訴えには、どこでも熱い反応がありました。三国本町の交差点では、私がマイクで訴え終わると背後から大きな拍手が。振り返ると恰幅のよいブレザー着の男性が手をたたきながら近づいてきます。聞いていただいたお礼を述べると、男性は「私の考えとまったく同じです」と感想を述べながら名刺をくれました。見ると、中国・上海でも事業を展開している設計事務所の顧問とあります。男性は「他にも組織をもっています。どうぞがんばってください」と握手をして足早に去っていきましたが、ベテランの姫野市議も「面識ないなあ」という方でした。

 他にも、自転車に乗った若者の集団、年配の男性など、明らかに日本共産党の支持者とは違うなと思われる多くの人々から声援や拍手が返ってきました。共通する特徴は、演説をよく聴いたうえで、納得して反応してくれること。単に、日本人外交官が殺害されて危険だから反対というのではなく、イラクではなぜこんな痛ましい事件、テロや暴力が繰り返されるのか、どうすれば事態の根本的解決の道が開かれるのか、自衛隊のイラク派兵がなぜ間違っているのか、など道理を尽くした訴えが共感されるようです。

 小泉首相は「テロに屈してはならない」、川口外相は「2人の遺志をついで」など、短絡的、感情的に、イラクへの自衛隊派兵を強行しようとしていますが、国民はそんなに単純ではありません。事態を深く見つめています。

 国民の良識を集め、歴史的暴挙を許さないたたかいをおこしましょう。

消費税問題で訪問・対話を始めました

 

 先週から、大阪5区内の料飲組合の役員の方々を訪ね、消費税問題でご意見を聞かせていただいています。

 総選挙後、日本経団連は、消費税増税を2007年には実施するという日程表をつくりました。政府税制調査会も、基礎年金の国庫負担率を2分の1に引き上げる財源として、消費税を上げたいと考えていることを隠さなくなってきました。自民党も同じです。いよいよ消費税の増税問題が政治の熱い焦点になってきます。

 ある老舗の料亭のマネージャーはいいます。「この不況で料理屋がどんどんなくなっています。残っている店もこれで消費税が10%になったらやめるしかない。消費税が上がっても料理の値段は上げられません。必ず『サービス料下げよ』となる。そしたら従業員を抱えてとてもやっていけません」。まさに死活問題です。私が「消費税増税反対」の署名用紙を差し出すと、それをじっと見つめて「うーん」と考え込んでいる様子。しばらくして「署名してどうなるかわからんけど、まずは声を上げるしかないか」とつぶやきながら署名用紙を受け取ってくれました。

 レストラン業や旅行業などを展開しているある社長は、「実はいま消費税にどう対応したらいいか研究中なんです」と困惑顔。そして、「私は仕事の関係で、保守の政治家とお付き合いが多いんですが、今回の総選挙は、本当に『自民党』と書いていいのか真剣に悩みました」と打ち明けてくれました。「業界の仲間に聞いたらみんな同じ気持ちでした。我々の商売は、客の懐具合と直結しています。そのことを誰が考えてくれているのかということです」と教えてくれました。初めて会う日本共産党の私に話すのですから「悩み」は相当深刻なものだと思います。

 消費税増税など「痛み」の押し付けは、国民多数との矛盾を拡げざるをえません。幅広い方々と力を合わせ、「消費税増税は許さない」という公約の実践に全力を尽くしたいと思います。そして、今回の総選挙結果を固定的に見る必要もないということです。来夏の参院選勝利へ、元気よくがんばりたいと思います。