背景に憲法改悪の思惑 「衆参ダブル選」で指摘

photo 11月30日記者会見で、自民党の幹部から来年夏の「衆参ダブル選」の可能性についての言及が相次いでいることについて記者の皆さんから質問がありました。

 そもそも衆議院と参議院の選挙を同時に行うということ自体、憲法と民主主義の原則からいって、とんでもないやり方です。
続きを読む

草の根の共同さらに発展を 
大阪ダブル選結果について

photo 24日、国会内で記者会見しました。そこで、22日投開票の大阪府知事選と大阪市長選についてお話ししました。日本共産党が自主支援した栗原貴子氏、柳本顕氏がともに「大阪維新の会」候補に及ばなかった結果は残念でしたが、大阪の民主主義と住民自治を取り戻すための立場を超えた草の根の共同が、いっそう発展したことは今後に生きる財産です。

 栗原、柳本両氏の奮闘に敬意を表し、感謝を申し上げたいと思います。そして、わが党としては与えられた条件のもとで、最大限の奮闘ができました。この選挙結果をうけて、大阪と日本を変えるために新たなスタートを切っています。今回のたたかいで得た財産を、新たなたたかいに全面的に生かしたいと思います。

課題山積 臨時国会は当然 —開会拒否は民主主義の否定 
与野党書記局長・幹事長会談

photo 与野党書記局長・幹事長会談が18日、国会内で開かれました。日本共産党、民主党、維新の党、生活の党、社民党、無所属クラブの5野党1会派は、臨時国会の開会を改めて要求。与党側は、安倍晋三首相の外交日程を理由に拒否し、通常国会召集を1月4日に前倒しすることで対応したいと答えました。

 私は、戦争法の具体化や沖縄の米軍新基地建設、環太平洋連携協定(TPP)「大筋合意」、原発再稼働、改造内閣と大臣所信の聴取など、「山積する懸案について国民に説明するのは政府・与党の当然の義務であり、野党から開会要求がなくても自ら国会を開くのが当たり前だ」と述べました。

 また、野党側の憲法53条に基づく臨時国会開会要求にふれ、「53条には4分の1の議員の求めがあれば、開会しなければならないとしている。この意味は少数意見の尊重という、民主主義の前提にたったものだ。これを無視するなら野党の要求を拒否しただけではなく、民主主義そのものを否定することになる」と与党側の対応を批判しました。

 私はさらに、首相の外交日程や予算編成を理由に開かないとしていることに対し「これらは毎年やっていることであり、理由にはあたらない」と主張しました。

 民主党の枝野幸男幹事長は「憲法の規定に違反し、法の支配を政府自らが無視する行為だ」と批判。維新の今井雅人幹事長は、憲法53条は臨時国会の規定であり、通常国会の前倒しで代われるものではないと指摘しました。これに対し自民党の谷垣禎一幹事長は、「外交日程がある」と繰り返すだけでした。

 野党側は、引き続き連携し、国民にも訴えながら、政府の暴挙をただしていくことで一致しました。

歴史的チャレンジへ心一つ 「国民連合政府」実現、党躍進に全力 
日本共産党 参院選予定候補者会議開く

 17日、日本共産党は「参院選予定候補者会議」を開き、私が中央委員会を代表して報告しました。以下、その大要です。

photo 来年夏の参院選は、改選となる比例代表の現職と元職の3人以外、全員が新人です。国政選挙に初挑戦の候補も少なくありません。党としても「戦争法廃止の国民連合政府」提案後初の国政選挙への挑戦となります。党が政権構想と選挙協力の提案を同時に行ったのは初めてであり、野党間の協議を進めながら、候補者を先頭に参院選に取り組むという難しさもありますので、候補者のみなさんと私たち党中央が心を合わせながら道を切り開く選挙にしたいと思います。
続きを読む

臨時国会召集、改めて要求 
野党書記局長・幹事長会談で一致

photo 日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党、無所属クラブの6野党・会派は12日、国会内で書記局長・幹事長などによる会談を開き、憲法53条にもとづく臨時国会召集要求に背を向ける政府・与党の姿勢を厳しく批判するとともに、改めて召集を強く要求することで一致しました。会談には、日本共産党から穀田恵二国対委員長と私が出席しました。
続きを読む

戦争法廃止を求める統一署名—1000万人を党の目標に 
国会内で記者会見

photo

 9日、国会内で記者会見し、「総がかり行動実行委員会」などが2000万人を目標に呼びかけた「戦争法の廃止を求める統一署名」についてお話し、党として1000万人を自主的な目標にして全党をあげて取り組むことを表明しました。

ダブル選 さよなら橋下「維新」 みんなの力で新しい大阪へ 
なんば「高島屋」前で訴え

photo 22日投票の大阪府知事・市長ダブル選挙での栗原貴子府知事予定候補と柳本顕(あきら)市長予定候補の必勝で橋下「維新」政治に終止符を打とうと全力を挙げ、日本共産党も参加している「明るい民主大阪府政をつくる会」と「大阪市をよくする会」は3日、大阪市のなんば高島屋前で街頭演説を行い、平松邦夫前大阪市長らとともに訴えました。知事選は5日、市長選は8日に告示されます。
続きを読む

戦争法廃止求める2000万人署名 党をあげて取り組む 
国会内で記者会見

photo 2日、国会内で定例の記者会見にのぞみました。私からは、「総がかり行動実行委員会」が中心となって呼びかけた戦争法の廃止を求める2000万人目標の署名運動について、「全面的に賛同し、党をあげて署名に取り組む」と決意を表明しました。

 この署名は、戦争法廃止に向けた国民世論を可視化し、立憲主義を取り戻す点で意義ある提起です。全国で党の組織が訴えて、さまざまな団体のみなさんと力をあわせて2000万人の目標を早期に達成するためにがんばりたいと思います。
続きを読む