沖縄・宜野湾市長選勝利へ決起集会 
「オール沖縄」底力発揮を

 

 沖縄県宜野湾市で11日開かれた日本共産党の宜野湾市長選緊急決起集会での訴えを紹介します。


「オスプレイの配備撤回」「普天間基地閉鎖・撤去、県内移設を断念」は総意

写真

シムラさんの必勝を訴える=11日、沖縄県宜野湾市

 こんにちは。山下芳生です。宜野湾市長選で、平和一番・暮らし一番の市政をつくるシムラ恵一郎市長誕生のために、党として全力をあげてたたかう決意です。(拍手)

 この間の沖縄のたたかいに心から敬意を表します。3年前、沖縄の41全市町村長、議長などの連名で「建白書」を安倍晋三首相に突きつけました。そこには「オスプレイの配備撤回」「米軍普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設を断念」と書いてあった。まさに「オール沖縄」の総意ではないでしょうか。(拍手)

 一昨年の名護市長選挙、県知事選挙、総選挙では、「沖縄に新たな米軍基地はいらない」という意思を繰り返し示しました。翁長雄志知事はこの民意にこたえて、埋め立て承認を取り消しました。

続きを読む

戦争法廃止、暴走ストップ・政治転換チームワークで8人全員勝利めざす 
参院選比例8氏と 「にぎやか座談会」

写真

 山下芳生書記局長 あけましておめでとうございます。今年はいよいよ参議院選挙の年です。「日本共産党の躍進で戦争法廃止の国民連合政府の実現を」「あらゆる分野で、国民の願いを踏みにじる安倍暴走政治にストップ、政治転換の願いは日本共産党へ」―日本共産党はこう訴えて比例代表で850万票、得票率15%以上で8人以上の当選と、選挙区でも2人区以上は必勝を目指してがんばります。今日はその先頭に立つ比例予定候補8人のみなさんにお集まりいただきました。

 8予定候補 あけましておめでとうございます。

続きを読む