「初心忘るべからず」 
和歌山・田辺市で演説会

25日、和歌山県田辺市で総選挙と市議選(4月)の勝利・躍進めざす演説会でした。

演説会開会直前、久保ひろつぐ(右)、かわさき五一(左)、前田かよ(左から2人目)の各予定候補とガッチリ!

入りはやはり「森友学園」問題から。和歌山生まれの宮本岳志衆院議員が、独自に入手した資料に基づいて財務省理財局長の面談記録「廃棄」答弁を引き出し、「隠蔽だ」と追及したことを紹介。皆さん、身を乗り出して聴いてくれました。政治家の関与なしにはできない国有財産の異常で奇怪な値引き。週明けの国会での追及も乞うご期待です。

その後、いよいよ国会提出が狙われている「共謀罪」の危険な内容を紹介したうえで、戦争法強行以来、歯止めなき暴走を繰り返す安倍政権に対し、野党と市民の共闘でストップをかける道が開けてきたことを強調。田辺市議選での日本共産党の前進は、総選挙に向けて共闘を発展させる力にもなると訴えました。 続きを読む

連帯で無法打ち破ろう ブロック投入許さず 
沖縄・海上パレードに参加

photo 13・14日は、参院総務委員会の視察で福島へ。16~19日は、調査のため沖縄へ。

 安倍政権が沖縄県名護市辺野古の新基地建設に向けた海上工事を強行する中、18日、海を壊すコンクリートブロックの投入は許さないと、辺野古に隣接する大浦湾と瀬嵩(せだけ)の浜で海上パレード・抗議集会を開かれました。「ヘリ基地反対協議会」などが主催したもので、県内外からの参加者約400人が参加。 続きを読む