国民連合政府」実現を 
民主青年同盟のみなさんと懇談

photo 14日、東京都渋谷区にある民青会館を訪れ、「戦争法廃止の『国民連合政府』」の実現に向けて、日本民主青年同盟(民青)委員長の田中悠さんらと懇談しました。懇談では、国民連合政府や戦争法にたいする若者の思いなど、熱く意見交換しました。

 私から、民青第39回全国大会決議案が「安倍自公政権を解散・総選挙に追い込み、戦争法を廃止し、立憲主義をとりもどす『国民連合政府』の実現に青年とともに力をあわせましょう」とよびかけていることにふれ、「とても頼もしく思っています。6月の若者憲法集会は、戦争法案反対の運動を広げる大きな力になったと思います」と語りました。

 その上で「国民連合政府の提案は青年のみなさんのたたかいの中から生まれました。実現に向けてともにがんばりましょう」とよびかけました。

 田中さんは「国民連合政府の提案はたたかってきた自分たちにとって希望です。この実現を自分たちの目標として掲げようと、決議案に盛り込みました。戦争法廃止は、若者の命と人生がかかった問題です」と指摘。若者が憲法に真剣に向き合い、主権者として立ち上がり、声を上げる流れが広がっていると語りました。

 また、青年の中にある「政党は裏切るのでは」という声があることに対して、山下氏は、「国民連合政府を実現していくことは、国民と政党がスクラムを組んで、政治不信を乗り越え、政治への希望を広げることになる」と語るなど、「提案」をめぐって活発な意見交換となりました。