臨時国会召集、改めて要求 
野党書記局長・幹事長会談で一致

photo 日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党、無所属クラブの6野党・会派は12日、国会内で書記局長・幹事長などによる会談を開き、憲法53条にもとづく臨時国会召集要求に背を向ける政府・与党の姿勢を厳しく批判するとともに、改めて召集を強く要求することで一致しました。会談には、日本共産党から穀田恵二国対委員長と私が出席しました。

 会談で野党各党は、衆参両院の予算委員会で各1日、計2日間にわたって開かれた閉会中審査を通じて、山積する問題を国会で本格的にただす必要がいっそう浮き彫りになったと指摘。環太平洋連携協定(TPP)や沖縄県での米軍新基地建設の問題、高木毅復興相のさまざまな疑惑などについての野党の追及に政府がまともな答弁をしておらず、安倍内閣が臨時国会開会の要求に応じるのは当然だとの認識で一致しました。

 また、一部報道で、政府・与党が12日、臨時国会の開会要求に応じない方針を決めたと伝えられたことに関し、仮にそのような方針を決めたのであれば、憲法53条にもとづく野党側の正式な臨時国会召集要求を拒否するものであり、明らかな憲法違反となるとの認識でも一致しました。

 このため、民主党の枝野幸男幹事長が、即日、与党に対し、早急に与野党書記局長・幹事長会談を開くよう申し入れ、同会談の席上で、改めて与党側に臨時国会開会を要求することを確認しました。