地方で共同のたたかいと統一候補擁立の動き 
歓迎し実るよう努力 国会内で記者会見

photo 7日、国会内で記者会見し、来年夏の参院選1人区で、野党無所属統一候補を擁立する動きが各地で出ていることについて記者団に問われました。私は、この動きを歓迎し、党として実るよう努力する立場を表明しました。

 戦争法廃止、立憲主義回復を掲げて、さまざまな政党、団体、個人が力を合わせてたたかいを発展させる動きとともに、その流れの中で参院選で戦争法を強行した自民、公明に退場の審判を下すという動きがいろいろな地方で起こってきているのは歓迎すべきことです。それぞれ実るよう誠心誠意努力したいと思います。

 また、民主党と維新の党がこの日、統一会派の結成で合意したことについて記者団に問われました。新しい統一会派とも国会で共同できる課題があると思うので協力したいと思うとお答えしました。