正規拡大対策ない 
地方公務員法改定など 共産党は反対

 地方公務員法と地方自治法改定案が13日の参院総務委員会で自民、民進、維新、公明各党の賛成多数で可決されました。日本共産党は、非常勤職員の正規化、正職員の定員拡大等の根本的な対策がないこと等を問題として反対。採決に先立ち、私が質問と反対討論に立ちました。参考人として、自治労連非正規公共評議会幹事の小川裕子さんが発言しました続きを読む