NHK日曜討論 山下副委員長の発言

 日本共産党の山下芳生副委員長は15日のNHK「日曜討論」で、西日本を中心とした豪雨災害の被災者支援や被災地の復旧と、22日に会期末を迎える最終盤国会でのカジノ実施法案や自民党の参院選挙制度改定案への対応について、各党の代表者と議論しました。 

西日本豪雨災害 
自治体任せやめ 国が知恵と力を 

 西日本豪雨災害に対して政治は何をすべきかとの議論で山下氏は、政治の最優先課題は救命・救助、被災者支援、復興だと指摘したうえで、「被災者の実態と願いにとことん心を寄せて、前例にとらわれずに必要な支援をやりぬく姿勢が大事だ」と述べ、▽避難先生活環境の整備▽岩や土砂の除去▽住宅の応急修理支援を提起しました。 
続きを読む

世論と国会論戦・野党共闘で 戦争法案 廃案に追い込む 
NHK日曜討論

 19日のNHK日曜討論に出演し、与党が衆院で強行可決した戦争法案について、参院で徹底審議を尽くし、野党共闘を生かして廃案に追い詰めていく決意を語りました。

 私は、「政府・与党は国民の空前のたたかいに追い込まれて強行採決せざるを得なかったのが真相だ。参院では国会論戦と国民の世論を高めて、安倍政権を追い込んで、必ず廃案を勝ち取りたい」と強調。「国民の過半数が憲法違反だと感じている。法案の問題点を徹底的に追及する必要がある」と述べました。
続きを読む

言論弾圧 自民に批判集中 NHK討論 
「戦争法案扱う資格ない」

photo

 戦後最長となる国会会期延長の強行後、初めてとなる28日のNHK「日曜討論」に与野党の幹事長など幹部ともに出席。最大焦点の戦争法案について議論しました。私は、安倍晋三首相に近い自民党議員による会合の中で法案への理解が広がらない現状に対し言論弾圧を求める暴論が相次いだ問題について「こういう勢力に戦争法案を扱う資格はない」と断じ、首相自らが党総裁として謝罪すべきだと求めました。
続きを読む

言論弾圧 自民に批判集中 NHK討論 
山下氏「戦争法案扱う資格ない」

 日本共産党の山下芳生書記局長は28日のNHK「日曜討論」に出演し、戦争法案について各党の幹事長らと討論しました。


自民党の言論弾圧

勉強会での発言は報道の自由を規制する暴論、沖縄への侮辱だ

 最初に、25日に開かれた自民党議員の勉強会で、言論弾圧をあおる暴言や沖縄県民への侮辱が相次いだことについて問われました。

 自民党の谷垣禎一幹事長は当初、「党の姿勢を誤解させるような発言だった」と述べるにとどまりました。これに対して山下氏は厳しく指摘しました。

続きを読む