「自民政治にとどめを」 
「提案」で 小林節さんと懇談

2015092301_03_1 22日、都内で小林節氏(慶応大学名誉教授、弁護士)と会い、志位和夫委員長が発表した提案「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現をよびかけます」を手渡し、懇談しました。

 私は、今回の提案のポイントと意義を詳しく説明しました。この中で「立憲主義、平和主義を壊す戦争法は一刻たりとも存在を許すわけにはいかない」と強調。同法廃止、昨年7月の「閣議決定」撤回のために野党が協力すべきだという国民の切実な声を真剣に受け止め、今回の「国民連合政府」実現の方針を打ち出したことを紹介しました。

 小林氏は「わが意を得たり。全く同感です。選挙で政権を交代させるしかない」と応じました。その上で、「最近は自公を除く超党派で一緒に私を呼んで講演会を開くようになった」などとのべ、戦争法案反対での共闘の広がりについて、経験を交えて紹介しました。

 私は「その点では小林さんが果たした役割は大きかった」と指摘。衆院憲法審査会で小林氏がほかの憲法学者とそろって「違憲」と表明したことが、たたかいの広がりの契機となったと述べました。

 小林氏は、一部には共産党との共闘に躊躇(ちゅうちょ)を感じている人たちもいることに触れつつ、「共産党は国会論戦でヒットを飛ばした。『安倍首相よりは共産党がいいでしょ』とぼくは言っているんですよ」と語ると、懇談は笑いに包まれました。

 私は、今回の提案実現のため党として全力をあげる考えを述べ、小林氏は「自民党政治にとどめをさしていきましょう」と応じました。