「閣僚辞任で終わりではない」 野党書記局長・幹事長会談

photo

 小渕優子経産相、松島みどり法相の閣僚辞任を受け、野党書記局長・幹事長会談が20日、国会内で開かれました。

 私は「辞任して終わりではない」と指摘しました。とくに小渕経産相については、「国民に対する説明責任を自ら果たす必要がある。公職選挙法で禁止されている『供応(きょうおう)接待』にあたる疑いのある問題であり、議員の資格も問われる問題だ」と述べました。

 書記局長・幹事長会談で、国会審議を通じて真相究明していくとともに、首相の任命責任を問うため野党間で協力して対応することになりました。