安倍政権を追い込んでいる 
熊本・八代市演説会

photo 28日、熊本県八代市を初めて訪問。日本共産党熊本県委員会と南部地区委員会主催の演説会で講演しました。
 水俣病被害者の長年にわたる不屈のたたかいや、川辺川ダム建設を中止させるなど、住民運動で切り開いてきたみなさんにお会いできて光栄に感じ、うれしく思っています。

 講演では、衆院強行された「共謀罪」が一般の人の内心を処罰し、日常的に監視、諜報が横行する社会を招く本質をお話しし「『共謀罪』の国会審議の中で安倍政権の答弁はボロボロになり、強行採決に逃げ込んだ。追い込んでいるのは私たち」と述べ、「共謀罪」廃案と安倍政権打倒に向け総選挙勝利に全力を挙げようと呼びかけました。 続きを読む

現代の治安維持法――共謀罪の創設で、時計の針を逆戻りさせてはならない 
5月16日日比谷野音集会でのあいさつ(動画リンクあり)

 日本共産党副委員長の山下芳生です。

 安倍首相は、秘密保護法、安保法制に続き、共謀罪をつくり、憲法9条を2020年までに変えると宣言しました。首相の言う「美しい国」が、真実を隠し、国民を監視し、海外で無制限に戦争できる国だということがいよいよはっきりしました。

 そんな国を、子どもたち孫たちに残すわけにはいきません。私たちの手で絶対に止めようではありませんか。 続きを読む

共謀罪も安倍政権もいらない 
国会前で総がかり行動実行委など

 共謀罪の国会提出を許さず、国会で事実と異なる答弁をする稲田朋美防衛相をはじめ、暴走する安倍政権を打倒しようと14日夜、総がかり行動実行委員会と共謀罪NO!実行委員会が国会正門前集会を開きました。参加者は「戦前に戻りそうな法律は許せない」などと語り、「戦争法と一体の共謀罪は反対」とコールしました。 続きを読む

「初心忘るべからず」 
和歌山・田辺市で演説会

25日、和歌山県田辺市で総選挙と市議選(4月)の勝利・躍進めざす演説会でした。

演説会開会直前、久保ひろつぐ(右)、かわさき五一(左)、前田かよ(左から2人目)の各予定候補とガッチリ!

入りはやはり「森友学園」問題から。和歌山生まれの宮本岳志衆院議員が、独自に入手した資料に基づいて財務省理財局長の面談記録「廃棄」答弁を引き出し、「隠蔽だ」と追及したことを紹介。皆さん、身を乗り出して聴いてくれました。政治家の関与なしにはできない国有財産の異常で奇怪な値引き。週明けの国会での追及も乞うご期待です。

その後、いよいよ国会提出が狙われている「共謀罪」の危険な内容を紹介したうえで、戦争法強行以来、歯止めなき暴走を繰り返す安倍政権に対し、野党と市民の共闘でストップをかける道が開けてきたことを強調。田辺市議選での日本共産党の前進は、総選挙に向けて共闘を発展させる力にもなると訴えました。 続きを読む

本田さんの勝利で「日本の夜明けは京都から」 
市民大集会で演説(要旨)

 京都市長選(24日告示、2月7日投票)に出馬する「憲法市政みらいネット」の本田久美子さんの勝利のため、21日、京都市内で開かれた市民大集会で行った演説の要旨を紹介します。


photo

 京都市長選挙で本田久美子市長が誕生すれば、京都市民の生活はもちろん、日本の政治にも大きな前向きの変化が生まれます。まさに「日本の夜明けは京都から」となる(拍手)。ぜひ、京都から夜明けを切り開こうではありませんか。(「そうだ」の声、拍手)
 

続きを読む

沖縄・宜野湾市長選勝利へ決起集会 
「オール沖縄」底力発揮を

 

 沖縄県宜野湾市で11日開かれた日本共産党の宜野湾市長選緊急決起集会での訴えを紹介します。


「オスプレイの配備撤回」「普天間基地閉鎖・撤去、県内移設を断念」は総意

写真

シムラさんの必勝を訴える=11日、沖縄県宜野湾市

 こんにちは。山下芳生です。宜野湾市長選で、平和一番・暮らし一番の市政をつくるシムラ恵一郎市長誕生のために、党として全力をあげてたたかう決意です。(拍手)

 この間の沖縄のたたかいに心から敬意を表します。3年前、沖縄の41全市町村長、議長などの連名で「建白書」を安倍晋三首相に突きつけました。そこには「オスプレイの配備撤回」「米軍普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設を断念」と書いてあった。まさに「オール沖縄」の総意ではないでしょうか。(拍手)

 一昨年の名護市長選挙、県知事選挙、総選挙では、「沖縄に新たな米軍基地はいらない」という意思を繰り返し示しました。翁長雄志知事はこの民意にこたえて、埋め立て承認を取り消しました。

続きを読む

戦争でテロは解決しない 
総がかり行動集会であいさつ

photo 19日、総がかり行動実行委員会は北トピア・さくらホールにて「自衛隊を戦場へ­送るな!総がかり講演集会」を開催しました。 

 会場は、第二会場を含め満員で熱気ムンムン。戦争法廃止への思いが、ステージにいた私たちにも伝わってきます。

 私もあいさつし、冒頭「戦争でテロは解決しない」と訴えると会場から大きな拍手が沸き起こりました。
続きを読む

戦争法に現実的危険性 
「国民連合政府」対話集会でお話ししました

 photo 2日、雑誌『季論21』編集委員会主催の「国民連合政府」実現に向けた対話集会が都内で開催され、私が講演し、参加のみなさんと交流しました。

 私は、日本共産党の「戦争法廃止のための国民連合政府提案」の核心についてかなり突っ込んだ説明をさせていただきました。この提案はこれまでにわが党がおこなったもののなかで最も反響を広げています。国民世論と運動を広げるとともに、野党との話し合いを粘り強くつづけて必ず実らせたと思っているとお話ししました。
続きを読む