「トップランナー方式」 新たな「行革」押し付け 
公共施設縮小・統廃合など批判 参院総務委員会で反対討論

 27日の参院本会議で地方税・地方交付税法等改定案を自民、公明、維新などの賛成多数で可決しました。これに先立ち、参院総務委員会で反対討論を行いました。

続きを読む

窓口業務の民間委託危険 
参院委 “情報漏えいも”

 22日の参院総務委員会で、民間委託などでコストカットした自治体の経費水準を地方交付税の算定に反映する「トップランナー方式」によって自治体の「窓口業務」の民間委託が推進される問題をとりあげました。

 私は、全国に先駆けて地方税の窓口業務を民間委託した大阪府の事例を紹介。全納税者の収納情報が閲覧可能な納税証明書の受け付け・作成業務が委託されたことで、税務情報の漏えいのリスクが高まっていることを指摘しました。

 高市早苗総務相は「個人情報保護に配慮が必要と通知している」と答弁。私は「地方公務員には法律上の守秘義務が課されるが、委託先の労働者にはない。大阪府では短期で雇い止めされた労働者から税務情報が漏えいする事件も起きた」と批判しました。

 さらに、大阪府が自主納付を呼びかける「催告」業務の委託企業に納付額の“ノルマ(要求水準)”を設定し、未達成な場合はペナルティーを科していることを指摘。夜間・休日の催告や猶予制度を無視した催告になる危険があるとし、「専門性に基づく分かりやすい説明と親切な対応が求められる。安易な民間委託はやめるべき」と主張しました。

共謀罪も安倍政権もいらない 
国会前で総がかり行動実行委など

 共謀罪の国会提出を許さず、国会で事実と異なる答弁をする稲田朋美防衛相をはじめ、暴走する安倍政権を打倒しようと14日夜、総がかり行動実行委員会と共謀罪NO!実行委員会が国会正門前集会を開きました。参加者は「戦前に戻りそうな法律は許せない」などと語り、「戦争法と一体の共謀罪は反対」とコールしました。 続きを読む

参院予算委員会で質問に立ちました

photo

森友「安倍夫人の名で入園」首相夫妻の道義的責任追及

 冒頭、学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園の退園者の親族から届けられた声を紹介し、同園を持ち上げてきた安倍晋三首相夫妻の道義的責任をただしました。
続きを読む

消防職場 いじめ防げ 
団結権回復を要求

 9日の参院総務委員会で、人命救助に携わる消防士の職場で頻発しているハラスメント(いじめ・いやがらせ)根絶への対策と、消防職員の団結権回復を求めました。

続きを読む

「初心忘るべからず」 
和歌山・田辺市で演説会

25日、和歌山県田辺市で総選挙と市議選(4月)の勝利・躍進めざす演説会でした。

演説会開会直前、久保ひろつぐ(右)、かわさき五一(左)、前田かよ(左から2人目)の各予定候補とガッチリ!

入りはやはり「森友学園」問題から。和歌山生まれの宮本岳志衆院議員が、独自に入手した資料に基づいて財務省理財局長の面談記録「廃棄」答弁を引き出し、「隠蔽だ」と追及したことを紹介。皆さん、身を乗り出して聴いてくれました。政治家の関与なしにはできない国有財産の異常で奇怪な値引き。週明けの国会での追及も乞うご期待です。

その後、いよいよ国会提出が狙われている「共謀罪」の危険な内容を紹介したうえで、戦争法強行以来、歯止めなき暴走を繰り返す安倍政権に対し、野党と市民の共闘でストップをかける道が開けてきたことを強調。田辺市議選での日本共産党の前進は、総選挙に向けて共闘を発展させる力にもなると訴えました。 続きを読む