「改憲阻む」参加者一体 
11・3国会包囲行動10氏のスピーチ

 「安倍9条改憲NO」を掲げて3日、行われた国会包囲行動。国会周辺い設置されたステージでは、各界の幅広い著名人ら多数がスピーチし、参加者と一体になって改憲阻止の声を響かせました。このうち10氏のスピーチ(要旨)を紹介します。
続きを読む

分断のもくろみ破たん 
 野党共闘勝利、比例で共産党躍進を--BSフジで

 19日放送のBSフジ「プライムニュース」に出演し、総選挙最終盤の情勢について「市民と野党の共闘を分断させようというもくろみが破たんした」と指摘し、共闘の大義を掲げてきた日本共産党の比例での躍進を訴えました。

衆院区割り改定法案-定数削減、小選挙区制を批判

photo 参院倫理選挙特別委員会は7日、区割り改定法案を賛成多数で可決しました。この法案は、小選挙区制を温存し衆院定数10削減を行った衆院選挙制度関連法にもとづいて、削減する小選挙区の6県と比例の4ブロックを確定し、小選挙区の区割りを改定するものです。 続きを読む

行政窓口を外部委託 
-地方自治法改正審議

photo 参院本会議で2日、公権力の行使を含む自治体窓口業務を地方独立行政法人に外部委託(アウトソーシング)できるようにすることなどを柱とした改定地方自治法が自民、公明、維新の各党などの賛成多数で可決・成立しました。日本共産党、民進党、希望の会(自由・社民)、沖縄の風は反対しました。 続きを読む

水俣病不知火患者会のみなさんと懇談 
一人残らず救済させることは政治の責任

photo 28日、全ての水俣病患者の救済をめざしてたたかい続ける最大の未認定患者団体「水俣病不知火患者会」の会員ら約20人と熊本県八代市で懇談しました。
 松岡勝衆院九州・沖縄比例候補、はしだ芳昭衆院熊本5区候補、山本伸裕県議、野中重男水俣市議が同席しました。 続きを読む

安倍政権を追い込んでいる 
熊本・八代市演説会

photo 28日、熊本県八代市を初めて訪問。日本共産党熊本県委員会と南部地区委員会主催の演説会で講演しました。
 水俣病被害者の長年にわたる不屈のたたかいや、川辺川ダム建設を中止させるなど、住民運動で切り開いてきたみなさんにお会いできて光栄に感じ、うれしく思っています。

 講演では、衆院強行された「共謀罪」が一般の人の内心を処罰し、日常的に監視、諜報が横行する社会を招く本質をお話しし「『共謀罪』の国会審議の中で安倍政権の答弁はボロボロになり、強行採決に逃げ込んだ。追い込んでいるのは私たち」と述べ、「共謀罪」廃案と安倍政権打倒に向け総選挙勝利に全力を挙げようと呼びかけました。 続きを読む